Archive for the ‘ETCカードの家族カードとは’ Category

ETC家族カードは主婦の味方!

2016年8月12日

ETCカードや家族カードを上手く使えば節約になり、家計の管理がしやくすなります。

簡単ですが家族カードのメリットをご紹介します。

●ETCカードを家族の分まで欲しいときは

ETCカードを家族の分まで欲しいとき、これからETCカードを新規に申し込みしようと思ったとき、そんなときはどうしたらいいのかわからない。

そんなかたのために書いていきますので、ご参考までにしてみてください。

ETCカードをつくるとき、第一にクレジットカードを持っている必要があります。

そしてご利用中のカード会社に家族カードを発行してもらい、家族カード各1枚につき1枚のETCカードを発行してもらえます。

家族分のETCカードを作るのに必要なものは、クレジットカードとそれに付帯した家族カードということになります。

すでにクレジットカードを持っているならば、カード裏面に記載されたお問い合わせセンターに連絡をし、家族カードとETCカードについて訪ねてみてください。

●家族カードの特徴やメリット

一番のメリットは年会費の節約になります。

家族カードの年会費は、多くの場合基本年会費よりも割安、もしくは無料で作ることができます。

つまり、家族が同じカード会社のクレジットカードをを持つのであれば、クレジットカードを個々で複数枚作るよりも家族カードを作るほうのがお得になります。

そして本会員のクレジットカードとほぼ同等のサービスを受けることができるので、契約カード会社の利用ポイント等それぞれのカードにつきます。

ただし全てのカード会社がそのサービスを提供しているわけではないので、確認が必要です。

また、利用明細書やカード利用で貯めたポイントを1つにまとめることも可能です。

本会員のクレジットカードに、家族カードの利用で貯めたポイントを集約することができるので、短期間でポイントを効率良く貯めることができます。

ポイントを商品券などと交換して利用すれば節約にもなりますし、利用明細書が一つになることで家計の管理がしやすくなります。

そして更に便利なのは家族カードはほぼ無審査。

本会員となるかた、(例えば世帯主)が審査の対象になるのでその家族は無審査となり、専業主婦や未成年の学生、通常であればクレジットカード審査を通過することが難しいといったかたでも持つことが可能になります。

最後に注意していただきたいのは、家族カード1枚を家族みんなで利用する事はできません。

これは通常のクレジットカードと同じで契約をした「名義人」本人しか利用できない規約となっているからです。

また、ETCカードも同様ですので絶対に貸し借りはしないようにしてください。

★参考リンク⇒知人(友人というほどではない人)に、ETCカードを貸して欲しいと言われ…

ETCカードの場合、名義人が車に同乗していれば問題はありませんので安心してご利用いただけます。

ETCカード、家族で使える?

2016年8月2日

ETCカードを家族で利用し管理するにはどうしたらいいのか。

そんなときには「家族カード」を利用してみてはいかがでしょうか。

●家族でETCカードを利用する事ができるのか

まずはじめに、法人・中小企業等の例外を除き、ETCカードを作るとき基本的にクレジットカードを所持している事が絶対です。

そして家族で利用するには、そのクレジットカードにカード会社から「家族カード」を発行してもらう必要があります。

付帯した家族カード各1枚に付き1枚のETCカードを発行してもらえます。

家族であれ他人への貸与はできませんので、家族に利用したい人がいる場合は、「家族カード」からETCカードを申込み発行してもらいましょう。

名義が異なる人や法人のカードを勝手に使うことはできません。

■参考・・・>https://www.bengo4.com/c_1009/c_1207/b_173456/

ETCカードはクレジットカードではありませんが、、クレジットカード的機能を持つカードであるため、家族であっても他人名義のものを利用する事はできません。

「名義人本人」しか使用することができないので注意しましょう。

ですが、名義人が同乗している場合は利用可能です。

カード会社によっては家族カードに対しETCカードを発行する事が出来ないところもあります。

●家族カードとは・家族利用するには

「家族カード」というのは安定した収入のあるカード名義人(カード会社の会員・契約者)がいれば、その家族もクレジットカードを利用する事ができるサービスです。

その家族が使うクレジットカードのことも「家族カード」といいます。

家族カードの主契約者(名義人)がクレジットカード審査に通っていれば、その家族は基本的には審査する事なく「家族カード」を持つことができます。

家族カードの対象者はクレジットカード会社によって異なりますが、一般的には契約者と生計が同一の配偶者・親・高校生を除く満18歳以上の子とされています。

例えばA社のクレジットカードを保有している場合、ETCカードと同じで自分が持っているAカードに追加カードとしてAカード(家族用)を発行することができます。

なので家族カードを1枚発行した場合、A社のAカード2枚が手元に入る事になります。

ただし、家族カードを1枚発行したからと言って、そのカードを家族みんなで利用する事はできません。

家族カードであっても親となるクレジットカード同様に、その「名義人」しか利用できない規約となっているからです。

自分の家族に自分のクレジットカードを使わせたいと考えるならば、配偶者用に1枚、父親用に1枚、母親用に1枚の合計3枚の家族カードを発行してもらう必要があります。

この場合、手元には合計4枚のカードがあることになります。

例)『親カード:名義人 自分→自分用』『家族カード1:名義人 父親→父親用』『家族カード2:名義人 母親→母親用』『家族カード3:名義人 配偶者妻→妻用』

繰り返しにはなりますが、家族カードやETCカード1枚を家族で使い回すような行為だけは絶対にしないようにしてください。

これを行うと盗難・紛失時の補償が受けられなくなる可能性があります。

そして、クレジットカード自体の没収等も可能性がありますのでご注意ください。